「ARASHI’s Diary -Voyage-」のネタバレ感想を書く。【#5】

「それぞれの想い」

みなさんおはこんばんちわしきどなです。


今回はNethlixで配信されている嵐のドキュメンタリーである「ARASHI’s Diary -Voyage-」ネタバレ感想の第5回です。

この記事には「ARASHI’s Diary -Voyage-」#5のネタバレがあります

『ARASHI’s Diary -Voyage-』#5 ©Johnny’s

噂の写真撮影

コンサートの最後に表示される5人が会場で撮影した写真。その写真撮影風景が映し出されています。
いやはや本当に仲睦まじいですねw。

5人の気持ち

リーダー→翔くん→相葉くん→松潤→ニノの順番で、まだ活動休止を発表していない中でツアーを行なっているということに対しての想いを赤裸々に語っています。
翔くんの「初日は終わりの始まり」という言葉がすごく重いですね。それぞれがそれぞれで複雑な想いを持ちながら発表まで頑張っていたことがわかります。相葉くんとかは罪悪感まで感じているように思えました。

1人と4人

5×20コンサート終盤にある5人の挨拶が、ダイジェストで映されています。
良い話がめっちゃ怖い話になってしまうニノの話がすごく面白かったですけど、その裏にこういうものがあったかと思うと切ない気持ちになります。あと、ちゃんとそれぞれの挨拶を裏で4人が聞いているのが素敵ですね。リーダーの挨拶にある「いつまでできるんだろうか」が「自分でいつまでやるかを決める」状況になっていることが成長なんだなと思いました。


ということで#5の感想でした。気になる方はNetflixでぜひ見てくださいね。