「ARASHI’s Diary -Voyage-」のネタバレ感想を書く。【#7】

「AIBA’s Diary」

今回はNethlixで配信されている嵐のドキュメンタリーである「ARASHI’s Diary -Voyage-」ネタバレ感想の第7回です。

この記事には「ARASHI’s Diary -Voyage-」#7のネタバレがあります

『ARASHI’s Diary -Voyage-』#7 ©Johnny’s

自身による自己紹介

I’ll be thereのツアー用映像撮影の様子や、実際にコンサートで踊る相葉くんの映像。そして相葉くんによる自己紹介が映されています。
5×20ツアーでのI’ll be thereは相葉くんの超イケメンポイントですよね。本当に相葉くんは歌が上手くなったと思います。元々体が弱かったというのには驚きました。今が元気で明瞭溌剌なイメージですからねw。途中で食べているラーメンは実家の中華料理屋さんなんですかね?。自然気胸は有名な話ですが、当時の映像を見れたことは新鮮でした(なんせ僕が1歳の時)。

恩師に会いにいく①

恩師である中学2年生の時の担任の先生に会いに行きます。
相葉くんが、自分のことを一番わかっていると言うのがこの先生です。相葉くんらしいエピソードやそうでないエピソードを聞くことができましたね。まあここで言っているような「相葉くんらしさ」っていうのももちろん僕とかファンの人が作ったものだと思うのですが、そこに対して相葉くんがわからなくなっている様子というのも少し見えたかと思います。

自己をストイックに鍛える

1人でストイックにキックボクシングをして体を鍛えています。
相葉くんがいかにトレーニングに本気であるのかというのが分かる場面でしたね。トレーナーさんの口から出てくるエピソード全てが驚きでした。このくらいやらないと体って鍛えられないのかな…。

恩師に会いにいく②

相葉くんが「お母さんみたいな存在」と言う、演出家の宮田慶子さんに会いに行きます。
相葉くんの裏での努力を教えてくれる方でしたね。あと、相葉くんにとって「お母さんみたいな存在」というのは「本当の自分を見せてくれた存在」に繋がっているのかなと感じました。

気の置けない友達との飲み会

かつて仕事を共にしていた仲の良い友人との楽しい飲み会の様子が映されています。
突発的な行動力を持つ相葉くんに翻弄される話や、本当に仲の良い人だからこそ知っているお話などが聞けて面白かったです。その反面、楽しい口調でありながらも「自分が分かんない」と発言しているのは印象的でしたね…。酔いが回ってすごく楽しそうな相葉くんは見てて笑顔になります。カラオケでマイガールを歌う時の顔はもう凄かったですねww。最後に相葉くん自身が自分についての結論を出したあの言葉こそが、相葉くんのあの性格を本当に表している気がしました。

ということで#7の感想でした。気になる方はぜひNetflixでどうぞ。